膣のゆるみを安全に解消するビビーブ|高周波が女性の味方

膣縮小術との比較

ヒップ

「お風呂に入ったら膣に水が入る」「性交時に空気が入って音がする」「パートナーが感じにくくなった」と感じたことがある人は、膣がゆるんでいる可能性があります。膣の緩みを解消したいなら、膣がゆるむ原因を知ることが大切です。膣がゆるむ原因として最も多いのが、出産です。出産で膣が広がることで、出産後も元に戻らず、骨盤底筋などの筋肉が引き伸ばされて締める力が低下するのです。また、運動不足も膣のゆるみの原因になるので注意しましょう。運動不足で骨盤底筋が低下すると、出産未経験の20代でも、膣の緩みを感じることがあります。

専門クリニックで受けられる膣のゆるみ解消は色々あります。30代以上に人気がある施術が、膣縮小術です。膣回りの筋肉を修復する外科手術で、最も効果が高いです。約2ヶ月という長いダウンタイムがあり、膣が狭くなり出産が難しくなる可能性があるので注意が必要です。ビビーブは、膣のサーマクールとも呼ばれていて、膣壁のコラーゲンを増やしてゆるみを解消する施術です。幅広い世代に人気がある施術ですが、効果は一時的なので、1年に1度定期的に治療を受ける必要があります。膣縮小術の費用は約500,000円ですが、ビビーブは250,000円程度です。このように比べるとビビーブのほうが費用は安く思いますが、1年に1度治療を受けなければいけないことを考えると、総合的にはビビーブのほうが費用はかかります。膣縮小術やビビーブの他にも、フィラー注入やエッジワンなど様々な膣のゆるみを解消する施術があります。クリニックでカウンセリングを受けることで、自分に合った最適な施術を見つけられます。