膣のゆるみを安全に解消するビビーブ|高周波が女性の味方

高周波エネルギーの施術

女性

「パートナーに膣のゆるみを指摘された」「出産した後に膣がゆるんできた」と膣のゆるみを悩みに感じている女性は少なくありません。膣のゆるみは、美容外科クリニックで改善することができます。様々な治療法がありますが、特に注目されているのがビビーブです。ビビーブとは、高周波エネルギーを使用する治療で、アメリカでは膣のサーマクールとも言われています。従来の膣縮小術では、メスを使用するのが一般的でしたが、ビビーブならメスも麻酔も使わないので身体にかかる負担がとても少ないです。さらに、コラーゲン生成の促進効果が高いのでメリットが非常に多いです。高周波エネルギーで効果がすぐに現れるのか、と疑問に思う方もいますが、早くて施術後7日から効果は現れます。施術後30日には60%以上の方が実感していて、6ヶ月後には80%以上の方が効果を実感しているのです。

ビビーブで膣のゆるみを解消する仕組みとしては、高周波エネルギーを照射することで、コラーゲン生成を促進させて膣内の粘膜を厚くするというものです。施術方法としては、親指サイトの治療用のチップを膣内に挿入して、円を描くように陰部周辺をなぞります。そして、皮膚の下にあるコラーゲン層に断熱パルスを送って、膣の表面は冷却するのです。ビビーブは、コラーゲンを増加させて膣のゆるみを解消するので、骨盤底筋を鍛えてもゆるみを解消できなかった人に向いています。また、メスを使うような手術は避けたいという人にもぴったりです。